音楽だけじゃ無理みたい

ミュージシャン(自分)に何ができるのか考えるブログ。

やってみれば?BGM・楽曲制作おこなっています。

f:id:parallelleap:20161020140604j:plain

こんにちは!パラレル田村です(@parallelleap

僕たちはアーティスト活動の他にも「BGM・楽曲制作」の活動も行っています。

上京してもうすぐ4年が経とうとしていますが、最初から制作のお仕事をしようとは思っていませんでした。

きっかけは本当にたまたま

上京する1年ほど前でしょうか?僕らがバンドからユニットに変わり活動し始めていたころだったように覚えています。

とあるライブイベントに出演したことがきっかけでした。

その主催者の方はバンド時代から面識があり、ユニットになっても僕らのことを気にかけてくださっていました。

その方がちょうどその時進めていたお仕事の中に楽曲が必要ということで、何の実績もない僕らを起用してくださったのです。

 

DTM(音楽を作るソフトみたいなもの)もまともに使用できない中、四苦八苦しながら初めてのお仕事をいただきました。

それがこちらです!


parallelleap(パラレルリープ) / 君のふるさと 竹中バージョン

 

そのお仕事とはとある中学校の第二の校歌を作ろうというプロジェクトでした。

この映像はその時作った楽曲を中学校の生徒さんが歌っている様子です。

動画内でも紹介されているのですが、この当時掃除の時間や下校時間に毎日この曲が流れていたそうです。嬉しいですよね。

生徒さんや先生たちが歌詞を考え、色々と試行錯誤しながら制作しました。

実際に制作した音源はこちら

 

楽曲制作・提供も活動の一環に

その後東京に出ていくことになるのですが、冒頭にも言ったように制作の仕事をするつもりは全くありませんでした。といいますか自信がありませんでした。

知識も技術も圧倒的に足りないと自覚していたからです。

自分の楽曲を作るだけでも精一杯だったので、そこまで頭が回らなかったというのもあります。

しかし、意外なことにも「楽曲制作したことあります。」と言えば「じゃあ作ってよ!」というようなレスポンスがあり、知り合いの方のお仕事に参加させていただく機会が少しずつ増えていきました。

東京に来ても、それらすべてがいい経験となりお仕事をさせていただくことになりました。

やってみればいいじゃん

ボーカルの友谷によく言われます。たまに「何もわかってないくせに」と思いますが。笑。

でも本当にその通りでやってみないとはじまらないですし、知ってもらわなければ繋がることはないんですよね。

悩んではやめてしまったり、やらなかったりしたことがたくさんありました。

やってみた結果、楽曲制作・提供を今も続けられています。

 

今までのお仕事はこちらからご覧いただけます!

http://www.parallelleap.com/work

 

パラレル田村でした!